ある島からのおたより-Salty Island

【国宝犬山城】信長・秀吉・家康が奪い合った名城【愛知県】

こんにちは、ふーちゃんです。

 

国宝に認定されている犬山城とその城下町をお散歩してきました!

最寄りの犬山駅からは、お城まで徒歩約20分です。

 

犬山城は、天下人が奪い合った名城として知られ、天守最上階からの眺めは絶景です。

 

犬山城の営業時間や入場料金は?

犬山城は、室町時代である1537年に建てられました。

1935年に犬山城天守は国宝に認定されていて、国宝五城の中で最も古いとされています。

 

<犬山城の入場料>

・大人550円

・小学生と中学生110円

 

<営業時間>

9時から17時まで(入場は16時半まで)

 

犬山城のすぐ近くには、三光稲荷神社もあって赤い鳥居が拝殿から奥の院までつづきます。

鳥居を超えると、犬山城が見えてきます。

 

中は急な階段が続くので、転ばないように手すりをもって上がっていきましょう。

かつての犬山は、お城と城下町を塀と土塁で囲むかたちの「総構え」の構造になっていたそうです。

 

 

犬山城下町で食べ歩き♪

お抹茶とみたらし団子のセットは、お団子に犬山城にちなんだ「いぬ」の絵が!

このようなちょっとした演出がところどころにあって、本当に楽しい町でした。

疲れたら、すぐ休憩できるスポットがたくさんあります。

 

「けん玉を一回で成功できたら、たこ焼きが無料でもらえる!」

というお店もあり、盛り上がります♪

 

若い人たちがインスタ映えスポットに並んでいたり、活気があふれています。

昔ながらの雰囲気のお店で射的もできます♪

 

遊び疲れたら、また食べるの繰り返しです。

飛騨牛にぎり600円。

 

犬山城の花火

夏の夜は花火もあがって、風情ある町を満喫できました。

犬山市に流れる木曽川では、1300年の伝統がある木曽川鵜飼をみることもできます。

昼鵜飼と夜鵜飼のプランがあって、目の前まで鵜が寄ってきてくれます。

 

城下町では、着物で町めぐりしている人もいました。

着付けをしてくれる店舗もあるので、手ぶらで行ってそのまま町歩きへ行くことも可能です。

 

国宝の犬山城の入場料は、一部がお城の保存と修理に充てられます。

ぜひ、日本最古の天守までのぼって、天守からの町の風景も楽しんでみてくださいね♪

 

 

 

 

この記事を書いた人

ふーちゃん

初めての海外は、ニュージーランドでホームステイ。
そこから旅にはまり、アメリカからヨーロッパまでの長旅も経験。
国内外問わず、素敵なスポットをご紹介します。
好きなもの:どうぶつ
達成したいこと:47都道府県制覇!

SNS LINK

この著者の記事一覧

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集