ある島からのおたより-Salty Island

【マーライオン公園】国家の象徴「マーライオン」を見に行こう!

”シンガポール”ってどんなイメージがありますか?

 

常夏?多民族国家?

 

いや、やっぱり、白いライオンのような人魚のようなものが、口から水を吹き出す「マーライオン」!

 

が目に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、旅行者が一度は見ておきたい「マーライオン」が佇むマーライオン公園をご紹介します。

 

シンガポールについて

シンガポールってどこ?

まずはシンガポールがどこにあるのかをGoogle Mapで確認してみましょう。

 

ズームアウトして地球全体の中での位置を見てみてくださいね^^

 

日本と同じアジアですが、かなり赤道に近い南側にあることがわかりますね!

 

シンガポールってどんな国?

東南アジアで最も発展している島国のシンガポール。

正式名称はシンガポール共和国(Republic of Singapore)です。

 

東京から飛行機で7時間ほどで行けるので、少ないお休みでも気軽に行ける海外旅行ですね♪

面積は約720平方㎞で東京23区と同じくらいかひとまわり大きいくらいです。

 

やっぱり暑いの?

どの季節に行ってもシンガポールの気温は25度〜32度くらい。

夏服があればOKなので、荷物も少なくて便利です。

 

日本語通じるの?

公用語は英語、中国語、マレー語、タミール語。

残念ながら、日本語はほとんど通じません!

 

でも安心てください♪

多種多様な文化と人種が混じり合うシンガポールでは、さほど違和感なくたどたどしい英語も、キレイな発音ができなくても、日本語英語でも恥ずかしくないです!

英語を母国語としない人もたくさんいますから。

自信をもって、自分なりのベスト!の英語をとにかくしゃべってみましょう。

 

国家の象徴「マーライオン」って何?

実際のマーライオンを見てみましょう。

 

 

マーライオンの上半身はライオン、下半身は魚です。

これは皆さんご存知の方も多いと思います。

しかし!マーライオンにはもう一つ特徴があります。

何だと思いますか?

 

必ず、「東」を向いているんです!

なぜなら、「東」は繁栄をもたらすと信じられているから、とっても縁起が良いのです。

 

高さ8.6メートル、重さ70トン。

 

マーライオン公園へ行ってみよう!

最寄駅はMRT(日本でいう地下鉄です)の「ラッフルズ・プレイス」駅です。

 

 

2002年に移転があり、現在のマーライオンは、あの有名なマリーナ・ベイホテルを見渡すように立っています。

 

 

夜のマーライオンはこんな感じ↓

 

 

この20mくらい後ろに、実は小さいサイズのマーライオン像がもう一つあるんです。

 

そして更に!

実はこのマーライオン、シンガポール中を探せば政府公認のものが7体もあるんです。

マーライオンを探す旅も楽しそうですよね♪

この記事を書いた人

ふーちゃん

初めての海外は、ニュージーランドでホームステイ。
そこから旅にはまり、アメリカからヨーロッパまでの長旅も経験。
国内外問わず、素敵なスポットをご紹介します。
好きなもの:どうぶつ
達成したいこと:47都道府県制覇!

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

特集