ある島からのおたより-Salty Island

【ラッフルズホテル】映画の舞台にも!最高級ホテルをご紹介♪【シンガポール】

こんにちは、ふーちゃんです。

 

シンガポールで一番有名で、その歴史・サービスすべてにおいて最高級のホテルはどこかご存じですか?

 

それは「ラッフルズホテル(Raffles Hotel)」!

映画の舞台にもなっていて、チャップリンや作家サマセット・モームにも愛されたという伝説のホテルです。

有名人も数多く宿泊する名門ホテルは、一体どんなホテルなのでしょう。

 

ラッフルズホテルの素晴らしい外観と共に、紹介します♪

 

 

シンガポールについて

シンガポールってどこ?

まずはシンガポールがどこにあるのかをGoogle Mapで確認してみましょう。

 

ズームアウトして地球全体の中での位置を見てみてくださいね^^

 

日本と同じアジアですが、かなり赤道に近い南側にあることがわかりますね!

 

シンガポールってどんな国?

東南アジアで最も発展している島国のシンガポール。

正式名称はシンガポール共和国(Republic of Singapore)です。

 

東京から飛行機で7時間ほどで行けるので、少ないお休みでも気軽に行ける海外旅行ですね♪

面積は約720平方㎞で東京23区と同じくらいかひとまわり大きいくらいです。

 

やっぱり暑いの?

どの季節に行ってもシンガポールの気温は25度〜32度くらい。

夏服があればOKなので、荷物も少なくて便利です。

 

日本語通じるの?

公用語は英語、中国語、マレー語、タミール語。

残念ながら、日本語はほとんど通じません!

 

でも安心てください♪

多種多様な文化と人種が混じり合うシンガポールでは、さほど違和感なくたどたどしい英語も、キレイな発音ができなくても、日本語英語でも恥ずかしくないです!

英語を母国語としない人もたくさんいますから。

自信をもって、自分なりのベスト!の英語をとにかくしゃべってみましょう。

 

 

ラッフルズホテルとシンガポールスリング

 

ラッフルズホテルは、1887年にオープンした歴史あるホテルです。

19世紀に建てられたホテルというと、世界でも希少性がありますよね。

 

この中に入っていくと、白いターバンに素敵な制服を着ているドアマンがいます!

ラッフルズホテルのドアマンは、人気なので一緒に写真を撮る観光客も♪

 

シンガポールを代表するカクテルの「シンガポールスリング」は、

ラッフルズホテルのロングバー(Long Bar)で生まれたことでも有名♪

ロングバーの名前の由来は、長い木製のバーカウンターがあることです。

 

パームガーデンの噴水

 

中庭にある噴水。

スコットランドで製造されています。

この噴水、1890年代にシンガポールへ来てからは、

オーチャードのマーケットやカトンのホテルなどを転々として

1989年にラッフルズホテルに落ち着きました。

 

コロニアル様式の優雅な建物の中に、静かに佇んでいて、見ているだけで心が洗われます。

 

中庭を歩いていくと・・・緑がいっぱいです!

シンガポールの歴史を代表する高級ホテルの「ラッフルズホテル」。

 

ロングバーや、本格的な郷土料理が楽しめるティフィンルームなど、

宿泊以外で立ち寄る人もたくさんいます。

 

ラッフルズ・ブティックにはオリジナルのおみやげをはじめ、雑貨やファッションまで販売されています。

南国ムードのお店の中には、創業時のホテルグッズなどレアなものもあるので要チェックです!

 

ホテルは全室スイートで総数115室。

約4メートルの天井にはファンが備えられています。

その中でも、滞在した著名人の名前がつけられているというパーソナリティースイートは12室のみ。

それぞれの部屋に著名人ゆかりの品が飾られているという豪華客室です。

全室、チェックイン・チェックアウトは客室で行います。

 

シンガポールで歴史・設備・サービス共に最高級のラッフルズホテル。

いろんな楽しみ方があるので、ぜひ一度訪れてみてくださいね♪

この記事を書いた人

ふーちゃん

初めての海外は、ニュージーランドでホームステイ。
そこから旅にはまり、アメリカからヨーロッパまでの長旅も経験。
国内外問わず、素敵なスポットをご紹介します。
好きなもの:どうぶつ
達成したいこと:47都道府県制覇!

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

特集