ある島からのおたより-Salty Island

【トマムザ・タワー】雲の上の楽園と充実したレストラン

 

突然ですが、

北海道旅行に行ったことはありますか?

 

ラベンダー畑やさっぽろ羊ヶ丘展望台、

白い恋人パークなど、広大な土地ゆえに観光名所が豊富で、北海道ならではの食事も楽しめる、旅行にはもってこいの場所になります。

 

今回は、そんな魅力ある北海道をより楽しむために、おすすめな「トマムザ・タワー」というホテルをご紹介します。

 

トマムってどこ?

その前にまずはトマムって北海道のどこにあるのか動画で確認してみましょう。

 

『トマムザ・タワー』

 

 

写真の通り、ツインタワーが特徴のホテルになります。

 

価格帯は季節や曜日にもよりますが、

2人で大体2万円代~5万円ほどで泊まることができます。

 

このホテルの特徴は、1泊2日じゃもったいないほど、食事やアクティビティなど、様々な施設が充実していることです。

 

 

< アクティビティ >

 

トマムザタワーには、

 

・雲海テラス

・牧場

・ラフティング

・カヌー体験

・プール・温泉

 

など様々な種類のアクティビティが充実しています。

 

今回はその中でも特におすすめな「雲海テラス」について、詳しく紹介していきます。

 

 

< 雲海テラス >

 

雲海が見れる時期は5月中旬~10月中旬ごろの、朝4時から7時頃の朝早い時間帯です。

 

さらに、雲海が現れる確率は40%

 

天候など様々な条件がそろわないと見ることができないため、雲海を絶対見たいという場合には、

トマムに2~3泊するほうが、出会える確率は高くなります。

 

この雲海テラスは、かなり大規模で写真が撮れるスポットも多く、雲海が綺麗に出ていると本当に見ごたえがあります。

 

 

< ホテルから雲海テラスまでの行き方 >

 

ホテルからゴンドラ乗り場までは徒歩送迎バスで行くことができます。

 

朝5時からゴンドラに乗れますが、

ホテル→ゴンドラ乗り場行きのバスはかなり混むため、徒歩でのほうがおすすめです。

(9月のみ4時30分からゴンドラに乗ることができます)

 

 

 

< 雲海カフェ >

 

雲海テラスには「雲海カフェ」もあり、

雲海コーヒーや雲海ソーダなど、

雲海をモチーフにした様々な飲み物を楽しむことができます。

(写真は雲海オレです)

 

 

< 夕食の施設 >

 

和食や洋食、中華(ラーメン)など、

様々な種類のお店がそろっており、自分で好きなところを選んで食事ができます

 

 

具体的には、

・極上の素材を厳選して作られた、イタリアの郷土料理レストラン「OTTO SETTE TOMAMU」

・北海道産の黒毛和牛や新鮮な海の幸のしゃぶしゃぶを堪能できる「SORA」

・「窯」で北海道産の和牛を豪快に焼き上げた鉄板ステーキ「カマロ・ステーキダイナー」

 (上記写真)

 

その他にも海鮮丼やジンギスカン、ラーメンなどなど、13種類のお店の中から、夕食を選ぶことができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

トマムザ・タワーに泊まるだけで、楽しい旅行がより一層充実しますので、もし北海道に旅行に行くなら、ぜひ泊ってみてくださいね。

この記事を書いた人

イルカ

社会人になってから、旅行にハマり、今まで、北海道や沖縄、大阪、京都などの首都圏の名所から、宮崎や熊本、広島などの地方の名所まで、色んな場所へ旅行に行った経験がございます。好き嫌いが少しあるため、食べれなかったりもするのですが、旅行に行ったらその土地の名物を楽しむよう心がけています。

SNS LINK

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

特集